スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一人暮らしの正しいゴミの出し方



一人暮らしをする上でわからないこと。ゴミ捨て。

ゴミの出し方は全国一律ではありません。市町村単位でやり方が異なるため、部屋を借りた際に不動産からもらう説明書、あるいはドアノブにかけてある「入居される方へ」の説明書なのにゴミの出し方について書いてあるのでそれを必ず読むようにしましょう。

だいたい、専用のゴミ袋が市販されており、燃えるゴミ、燃えないゴミそれぞれの袋を買い、可燃の日、不燃の日にあわせてゴミをだせばいいです。

問題は粗大ゴミ。あるいはカミソリ、電池、蛍光灯。このあたりは迷ってしまいます。

粗大ゴミはあらかじめ業者に連絡し、指定された日に市販されている粗大ごみ用のシールを貼って出すのが一般的。

カミソリは新聞紙にくるむなどして刃をかくし、キケンと書いて不燃ごみで出す。

乾電池、蛍光灯は有害ゴミとして出す。あるいは電池は販売店に引取りを依頼する。乾電池、蛍光灯などは市によってやりかたがまちまちですね。

ほんとによくわからないゴミはとりあえずキケンと書いて不燃でだしたほうがいいかもしれません。それか市の窓口で直接聞いてみるかです。

大型ゴミは必ず業者に連絡してから捨てましょう。黙って出すとマナー違反です。他の住人にまで被害が及ぶかもしれません。

私のマンションで誰かが勝手に粗大ゴミを捨てたらしく、ゴミの出し方についての注意事項の紙が全入居者のドアノブにかかっていました。

ゴミを収集する方も大変ですからなるべく気を使ってゴミをだすようにしましょう。
スポンサーサイト
プロフィール

ももんがエース

Author:ももんがエース
現在独身一人暮らしです。 
独身でも楽しく生きられる方法や、新しい出会いや出来事があれば報告します。
常に前向きに。幸せに生きる。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。